グリーンカレー専門店メティラインナップ

東南アジア独特のクセを抑えた、中辛でマイルドなスープカレー



構想から8年。


ずぶの素人から中華、創作料理、韓国料理、ラーメン、粉もんなど飲食店を経て

レシピを改善しつづけ・・・ようやく辿りついた究極のバランス。

パクチーなど東南アジア独特なクセを除き、中辛に仕上げた
日本人のためのあたらしいグリーンカレーです。



グリーンカレー(タイ語:แกงเขียวหวาน、ゲーンキャオワーン/ゲーンキョワーン)は
日本でタイカレーと呼ばれるタイ料理。

正確にはカレー料理ではなく、タイ料理のゲーンと呼ばれる多様な汁物の中で
香辛料を利かせた料理を外国人向けに便宜上カレーとして呼称している。
ゲーン・キャオ・ワーンとはタイ語で汁物・緑・甘いを意味する。
~wikipediaより


メティの低温加熱塩鶏


塩鶏はしっとりジューシーな低温加熱。


具材の野菜はそれぞれの野菜ごとに調理。

肉はココナッツの濃厚なスープにぴったりの「鶏むね肉」。

まず、浅く塩漬けしてハム化させる。肉の水分を抜き、旨みが凝縮されます。

その後、肉のタンパク質が固まるギリギリの温度で長時間、じっくり熱を通すことで

しっとりジューシーな鶏ハムに仕上げました。


麺屋棣鄂ステッカー


京都の麺匠 『麺屋 棣鄂(ていがく)』の26番

多加水、ちぢれ、玉子、全粒粉 などなど・・・

ラーメンの麺は、棣鄂の社長と議論を重ね、何種類もの麺を試した末

26番(細め)ストレート麺に決定。

加水率低めでスープをほどよく吸わせ、すすればたっぷりスープを絡め上げる。

独自のスープを活かし、麺を食す満足感も忘れない。調和のとれた麺です。

 

 

グリーンカレーラーメン食後は『替えメシ』でリゾット風に。麺飯楽しむ。



グリーンカレーラーメンに替えメシ

1滴も残らずスープを楽しんでいただくため

ラーメンの食後には、替えメシ(ターメリックライス)を投入して

リゾット風に召し上がれ。




乳酸菌からつくった自家製濃厚ラッシーはとろとろで人気



濃厚自家製ラッシー

生きた乳酸菌を使ってヨーグルトをつくり

たっぷりのハチミツとごく少量のスパイスで香りづけ。

濃厚な食感にしあげた自家製乳酸菌飲料「ラッシー」です。
飲むヨーグルトに似ています。


濃厚さを味わっていただくため氷は無し。



また、加熱処理していませんので乳酸菌本来のプロバイオティクス機能が
保たれています。


ラッシーセットがたったの+100円ですから是非ご賞味ください。